骨董品の買い取りについて

飾らなくなった人形は骨董品買取

伊万里焼は佐賀県を代表する有田の窯元で作られる陶器製品です。
尚、伊万里焼と呼ばれている理由は、陶器製品の積み出しを行う港が伊万里であることからも、伊万里焼と呼ばれているのが特徴です。因みに、有名な作者が作った伊万里焼は骨董品の中では高価骨董品買取が行われることもあるといいます。

これは骨董品の買取のお店の鑑定士による査定を受ける事で価値が在るものが否かを知ることが出来るのです。また、伊万里焼だけではな古伊万里という陶器製品も在りますが、この二つの違いは作品が持っている価値による違いだと言います。

一般的には江戸時代に有田で生産が行われた作品を古伊万里と呼び、比較的新しい時代に生産が行われたものを伊万里焼と呼ぶと言います。そのため、古伊万里は骨董品としての価値がとても高いと言われているのです。
歴史的に古い時代に作られたものとなるため、伊万里焼と比べると買取りの価格は高額になるわけですが、現存している数も少ない事からも貴重価値が高い作品と言います。